読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buntagonta’s blog

離婚調停、離婚裁判の忘備録です。現在はまだ裁判中なので、フィクションも織り交ぜてますが、どこかの誰かの参考になったり、お役に立てますと大変嬉しいです。twitter @Pjhn3BINMPQGgQc

調査官家庭訪問

日本全国の奥様、こんにちは。


裁判所で私の面談を終え、調査官は息子の保育園へ向かいました。


保育園の園長先生と、担任の先生との面談なので、私も息子も同席しませんでしたので内容については不明です。


そして、その足で家庭訪問に来ました。


息子のゴン太には、「役所の人がくるよ。引っ越して来て、新しい家に慣れたか見に来る」と説明していたので、ちょっと緊張してたと思います。


ピンポーンと調査官が到着した時、ゴン太はスマホのアプリで遊んでいました。

2人のスーツ姿の調査官が自己紹介をして、息子の様子をみています。


息子は私にスマホのゲームをやめさせられ、緊張していましたが、調査官が息子に保育園の友達のことや、好きなオモチャのことを質問して、なんとか普通に受け答えができていました。


そして、どんどん緊張がとけて調子にのってきたところで「お母さんが一緒に遊んでくれないゲームやる?」といって、クローゼットから野球盤を出してきました。


私は「おいおい、なんてこというのよ。しかもその中はぐちゃぐちゃだから開けないでほしかったなー。もう、恥ずかしいなー。」と、焦りながら野球盤を組み立てて、そこから調査官の1人は完全にロックオン。

延々と野球盤の相手をさせられていました。

それも息子がずっとバッター。


その様子をもう1人の調査官に説明しながら、「絶対こうなるから、私はなかなか一緒にやらないんですよ」と説明。


こんな感じで終始にこやかに家庭訪問は終了しました。


田舎の僻地にある我が家からの帰り道が心配で車で送りましょうか?といったのですが、色々気持ちを受け取れないルールがあるので、なんとか徒歩とバスで帰るといっていました。

そういえば、飲み物すら手をつけずに帰っていったもんなー。

f:id:buntagonta:20170309104828j:plain


今現在、まだ裁判中なので、このブログに書けないこともありますが、質問やコメントはいつでも受け付けています。

お気軽にご連絡ください。