読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buntagonta’s blog

離婚調停、離婚裁判の忘備録です。現在はまだ裁判中なので、フィクションも織り交ぜてますが、どこかの誰かの参考になったり、お役に立てますと大変嬉しいです。twitter @Pjhn3BINMPQGgQc

古田さんの第1準備書面

離婚裁判

日本全国の奥様、こんにちは。


私の提出した第1準備書面に対する反論と、主張が古田さん側から提出されました。


今までと同じことの繰り返しなんですが、自宅の構造、トイレの使用場所などについて主張しています。

内容は以下の通りです。


新居の1階にはペットドアのついた、猫と人間共用のトイレ(通称男子トイレ)、古田さんの寝室、武の寝室があった。

2階にはリビングと原告(ブン田)の寝室、トイレ(通称女子トイレ)があった。


あるとき、1階男子トイレが臭くて(猫のトイレは私が始末しますが、トイレ掃除は各自がやるルールなので、掃除を怠って臭くなっていた)原告に訴えた。

そして、1階を女子トイレ、2階を男子トイレに交換した。


(↑これが、私の身勝手な行動として主張している…。

えっっっ?!

さらに続きます。)


ところが、今度は原告がそれぞれの寝室の交換を希望してきた。

原告からトイレや寝室を指定してきたにもかかわらず、気に入らないとまた変更しようとするのはあまりに身勝手過ぎるので、この希望は無視した。


(↑なんだこの主張は?!

事実はこうです。

2階の寝室で、息子のゴン太の寝かしつけをしても、リビングで毎晩大声を荒げながら晩酌している古田さんのせいで、ゴン太が寝てくれません。

また、古田さんは1階の寝室に1度降りてしまうと2階のトイレまで上がってくるのが面倒くさいのか、玄関を出て外で立ちションをするようになりました。

そして、ゴン太もそれを真似するようになってしまったのです。

なので、1階と2階の寝室を交換してほしいと提案したのですが、無視されました。

これ、本人も認めてますが、無視は立派なモラハラです!)


この主張と一緒に提出した証拠が、1階と2階それぞれのトイレの写真でした。


f:id:buntagonta:20161229203645j:plain



※今現在、まだ裁判中なので、このブログに書けないこともありますが、質問やコメントはいつでも受け付けています。

お気軽にご連絡ください。