読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buntagonta’s blog

離婚調停、離婚裁判の忘備録です。現在はまだ裁判中なので、フィクションも織り交ぜてますが、どこかの誰かの参考になったり、お役に立てますと大変嬉しいです。twitter @Pjhn3BINMPQGgQc

第1準備書面(児童相談)

離婚裁判

日本全国の奥様、こんにちは。


連れ子の武(当時小学生)と一緒に暮らしはじめたのが、ゴン太が10ヶ月で3時間おきの授乳と朝、昼、夕の離乳食で1番手のかかるときでした。


私は小学生の生態など知る由も無く、どう接していいかわかりません。

でも、父親の古田さんもいるし最初はそれほど心配はしていませんでした。


ところが、ことあるごとに私が武のことを古田さんに相談すると、古田さんはその場で武を殴ったり蹴ったりしたのです。


武が朝食をたべない。

古田さんが殴る。


武が忘れ物をする。

古田さんが殴る。


武が門限を守らない。

古田さんが殴る蹴る。


武が整理整頓ができない。

古田さんが殴る。


ある日、武の授業参観に行くと、武1人だけが授業に参加せず、ボールペンを分解していました。


これはもしかして、発達障害なのかも?と疑い古田さんに相談しましたが、今度は私への暴言が止まりません。


武と同居して半年後には、我が家はいつも家庭内暴力が行われていました。


何度殴られても蹴られても、またすぐに同じことを繰り返す武。


とうとう私も困り果て、児童相談の窓口に相談しました。


そして、このとき相談したという内容の書面を、今回証拠として提出しました。


f:id:buntagonta:20161219222131j:plain


※今現在、まだ裁判中なので、このブログに書けないこともありますが、質問やコメントはいつでも受け付けています。

お気軽にご連絡ください。